ヨーグルト嫌いでも飲める乳酸菌サプリ!【ベビー乳酸菌】の口コミは?

身体のバリア機能を高める乳酸菌サプリとして注目を浴びているベビー乳酸菌ですが、実際に飲んでいる人の口コミにはどういったものがあるのでしょうか。

季節の変わり目にくしゃみや鼻水が出る人はアレルギーかも!

f:id:g95hn9t2:20170527234420j:plain

 

季節の変わり目になると、くしゃみや鼻水といった症状で悩まされるかたも多いと思います。それはずばりアレルギーかもしれません。

 

アレルギーというと、春のスギやヒノキ花粉が引き起こすいわゆる花粉症を連想されると思いますが、原因はそれだけではありません。いろいろなものが重なって症状を引き起こします。その主なものを見ていきましょう。

 

 

[季節の変わり目に起きやすいアレルギーの種類と症状]

まず一番に考えられるのが、季節の変わり目特有の気温差です。春や秋は寒暖差が特に大きく体に負担がかかります。これが引き金となって起こるのが寒暖差アレルギーです。

 

その主な症状は、鼻水やくしゃみが止まらないと言った花粉症とよく似たものです。しかし、花粉症と違うのは目に症状が出ないことです。ですから鼻かぜかなと思っていたら、寒暖差アレルギーだったということもあるのです。

 

病院でアレルゲンの検査をしてもアレルゲンは見つからず、症状だけが出ると言ったことから診断に至ることが多い病気です。

 

 

次に多いのが喘息です。季節の変わり目になると咳が止まらなくなるという方は要注意です。喘息には咳だけが症状として出る「咳喘息」というものがあります。

 

この咳喘息を放置した場合、呼吸困難を伴う激しい発作が起きる本格的な喘息に移行することがあります。咳だけだからと軽く見ていてはいけません。

 

喘息が季節の変わり目に起きやすい原因としては、PM2.5や黄砂などの大気汚染物質を呼吸で吸い込んでしまうことにあります。

 

これ以外にも、目の腫れや皮膚の荒れなどがの症状がでるアレルギーもあります。

 

 

[アレルギーの予防法]

これらの不快なアレルギー症状を予防するためには、一番いいことは専門医にかかって症状を抑える薬を処方してもらうことです。

 

症状が出てしまってからでも「抗ヒスタミン剤」を服用することで、次第に症状は治まってきます。病院へ行く時間がないという方には、一番簡単なことはマスクをすることです。

 

マスクをすることによって冷たい空気を直接吸ってしまうこともなく、またPM2.5などの大気汚染物質を大量に取り込んでしまうことも防止できます。その他にも、肌荒れや肌のかゆみが出るという方には保湿などのスキンケアも効果的です。

 

肌のバリアー機能が保湿することによって高まり、外からの刺激を受けにくくします。このようにちょっとしたことで不快な症状を予防することができます。

 

それでも症状が出てしまい辛い時には、迷わず医師にかかることをお勧めします。