ヨーグルト嫌いでも飲める乳酸菌サプリ!【ベビー乳酸菌】の口コミは?

身体のバリア機能を高める乳酸菌サプリとして注目を浴びているベビー乳酸菌ですが、実際に飲んでいる人の口コミにはどういったものがあるのでしょうか。

ヨーグルト嫌いでも飲める乳酸菌サプリ!【ベビー乳酸菌】の口コミは?

f:id:g95hn9t2:20170527235138j:plain

 


乳酸菌サプリはたくさんありますが、その中でもひときわ人気なのがベビー乳酸菌です。どういった人にどのような口コミがあるのか探ってみました。

 

【口コミ】

腸内環境にヨーグルトと聞いたので毎日食べていたのですが、あまり食べ過ぎて食べれない体質(口に含むと吐き気)になってしまいました。それで少しの期間止めていたのですが、今度はその影響かお通じが少なくなってしまって困っていた時にこちらのサプリを見つけました。

サプリは初めての経験だったので飲むのが恐かったのですが、これを飲み始めてお通じが毎日ちゃんとくるようになりました。また、ヨーグルト特有の気持ち悪さもこないので毎日続けることができます。

 

 


・ヨーグルトが便秘に効くのは知っていましたが、毎日毎日欠かさずはちょっと・・・。と思っていた時にこれは良いなと思ったので購入。便秘薬に頼る生活が一変して、ほぼ毎朝でるようなったのでストレスが溜まらなくて良い感じです。やっぱり出ないと気分が悪いですしね!

 

 


・いつの間にか花粉症の症状が出始めたので免疫力を高めるために購入しました。始めは分からなかったのですが、続けていく内に身体が疲れにくくなってきました。

で、今年花粉症が出るか不安だったのですが、去年よりかなり症状が落ち着いた感じです。特に鼻水がひどかったのですが、人前ですすることがなくなっただけでも買ってよかったと思えるサプリでした。

 

 


以上がベビー乳酸菌の口コミでした。

 

色々な意見がありますが、口コミではお通じや季節系の悩みに対して高評価のようですね。特にヨーグルトが苦手で毎日続けるのが苦になる人には良いかもしれませんね。

 

 

⇒『ベビー乳酸菌』の公式サイトはこちら 

 

 

 

 

加齢で排便はなぜ困難になる?解消するために必要なこととは?

f:id:g95hn9t2:20170527233929j:plain

 

便秘症を定義つけることは、個人差があり困難なことです。

 

4~5日以上排便が無い場合をのぞいて、回数というより、気持ちよく排便できているか、排便後満足感を得られているかが大切です。 若いころに比べてすっきりしないと感じていれば、それは加齢に伴って排便が困難になってきていると考えられます。

 

 加齢になり排便が困難になる要因

 

便秘解消には食物繊維(特に水に溶けにくい不溶性食物繊維)を摂取すること、運動をすること、水分摂取量を増やすことなどは一般的に知られています。 運動量が減少することにより筋肉量が低下します。筋肉量が減ると、便を押し出す腹圧も低下します。

 

新陳代謝も低下するため便秘がちになることがあります。便が直腸内に降りてきているのに、便意を感じにくくなることもあります。 腸の排便コントロールは副交感神経により調節されています。副交感神経の働きは、加齢により低下することが分かっています。 強度の緊張・不安・環境の変化など心理的要素も大きく影響すると考えられています。

 

 

 排便が困難になるとどうなる

 

1日に1回排便があっても、その量が非常に少ないことがあります。便が固くて、排便時に苦痛を感じるために、排便回数が減ることもあるかもしれません。

 

おなかの張った感じや、残便感などの不快症状があるため、ストレスを感じる要因になります。便秘ぎみになると、食欲不振・頭痛・不眠・不安など全身症状が起こることがあり、症状が長く続くと腹痛・吐き気・嘔吐などの消化器症状が起こることがあります。

 

 

排便困難を解消するために

 

水分を十分に摂取することはもちろんですが腎臓・心疾患の既往がある場合は注意が必要です。 消化管に適度の刺激を与える食物繊維(セロリ・ごぼう・キャベツなど)を多く摂取しましょう。 くだもの・果汁にも繊維が残っているので多く摂取しましょう。糖尿病の既往や可能性がある場合には医師に相談してください。

 

炭酸飲料もガスを発生させ、成長作用を促進するといわれています。 便意をもよおしたら我慢しないことも大切です。便意が無くても、一定時刻にトイレに行く事を習慣つけるのも良いといわれています。

 

起床時に冷水を飲むことも、消化管の運動をたかめる効果があることがわかっています。 まずは少しでも不快症状が減るように、自然排便ができるように工夫してみることが必要です。

 

 

乳アレルギーでヨーグルトを食べれない人のための乳酸菌サプリ!

f:id:g95hn9t2:20170527234928j:plain

 

腸内環境を整えるために必須と言われるのが、ヨーグルトやケフィア、チーズなどの乳製品です。しかしアレルギーによってそういったものを食べれない人が少なからずいると思います。

 

そういった人におススメなのがベビー乳酸菌と言われるサプリです。

 

 

こちらはただ乳アレルギーだからといってヨーグルトなどので代替品になるだけではなく、身体の不調を左右する乳酸菌の種類にもこだわっています。

 

 

使用されている乳酸菌は『クリスパタス菌』という種類ですが、こちらは女性の産道に多く生息する乳酸菌です。赤ちゃんが産まれる時にお母さんから免疫力のたまものとしてこの乳酸菌が贈られるのですが、残念ながら食品摂ることは難しいものです。

 

 

この乳酸菌の最大の特徴は身体を守る免疫力の活性が強いものですので、アレルギーの軽減もサポートしてくれる働きがあるのです。

 

 

そういった意味からただヨーグルトなどの代替品ではなく、バリア力をアップするためにも摂りたいのがベビー乳酸菌なのです。

 

 

⇒『ベビー乳酸菌』の公式サイトはこちら 

 

 

 

 

 

アレルギー物質不使用の乳酸菌サプリはこれ!

f:id:g95hn9t2:20170527234759j:plain

 

乳酸菌サプリを飲んで逆に体調が悪くなったと感じる人に多いのが、サプリ自体に小麦や乳、大豆といったアレルギー物質が含まれているためにそれに作用して体調が悪くなるというものです。

 

 

そういったものを毎日飲んでいると逆にアレルギーがひどくなってしまったり、最悪の場合はアナフィラキシーショックなどを引き起こしてしまう危険性があるので恐いですよね。

 

 

こういった身体に害があるアレルギー物質を排除している乳酸菌サプリが『ベビー乳酸菌』というものです。

 

 

このサプリはアレルギーで悩む人のことも考えてアレルギー物質は完全に不使用としてあり、さらに他の乳酸菌に比べて免疫活性が極端に高いクリスパタス菌というのを使用しているので、身体のバリア機能を高めたい人には合っているサプリではないでしょうか。

 

 

⇒『ベビー乳酸菌』の公式サイトはこちら 

 

 

 

 

季節の変わり目にくしゃみや鼻水が出る人はアレルギーかも!

f:id:g95hn9t2:20170527234420j:plain

 

季節の変わり目になると、くしゃみや鼻水といった症状で悩まされるかたも多いと思います。それはずばりアレルギーかもしれません。

 

アレルギーというと、春のスギやヒノキ花粉が引き起こすいわゆる花粉症を連想されると思いますが、原因はそれだけではありません。いろいろなものが重なって症状を引き起こします。その主なものを見ていきましょう。

 

 

[季節の変わり目に起きやすいアレルギーの種類と症状]

まず一番に考えられるのが、季節の変わり目特有の気温差です。春や秋は寒暖差が特に大きく体に負担がかかります。これが引き金となって起こるのが寒暖差アレルギーです。

 

その主な症状は、鼻水やくしゃみが止まらないと言った花粉症とよく似たものです。しかし、花粉症と違うのは目に症状が出ないことです。ですから鼻かぜかなと思っていたら、寒暖差アレルギーだったということもあるのです。

 

病院でアレルゲンの検査をしてもアレルゲンは見つからず、症状だけが出ると言ったことから診断に至ることが多い病気です。

 

 

次に多いのが喘息です。季節の変わり目になると咳が止まらなくなるという方は要注意です。喘息には咳だけが症状として出る「咳喘息」というものがあります。

 

この咳喘息を放置した場合、呼吸困難を伴う激しい発作が起きる本格的な喘息に移行することがあります。咳だけだからと軽く見ていてはいけません。

 

喘息が季節の変わり目に起きやすい原因としては、PM2.5や黄砂などの大気汚染物質を呼吸で吸い込んでしまうことにあります。

 

これ以外にも、目の腫れや皮膚の荒れなどがの症状がでるアレルギーもあります。

 

 

[アレルギーの予防法]

これらの不快なアレルギー症状を予防するためには、一番いいことは専門医にかかって症状を抑える薬を処方してもらうことです。

 

症状が出てしまってからでも「抗ヒスタミン剤」を服用することで、次第に症状は治まってきます。病院へ行く時間がないという方には、一番簡単なことはマスクをすることです。

 

マスクをすることによって冷たい空気を直接吸ってしまうこともなく、またPM2.5などの大気汚染物質を大量に取り込んでしまうことも防止できます。その他にも、肌荒れや肌のかゆみが出るという方には保湿などのスキンケアも効果的です。

 

肌のバリアー機能が保湿することによって高まり、外からの刺激を受けにくくします。このようにちょっとしたことで不快な症状を予防することができます。

 

それでも症状が出てしまい辛い時には、迷わず医師にかかることをお勧めします。

 

 

 

子育てのストレスを溜めていませんか?腸内環境の悪化に繋がることも!?

f:id:g95hn9t2:20170527233929j:plain

 

 

子育て中のママは常にストレスだらけ。何をしても泣き止まない、何を言ってもイヤイヤで聞いてくれない。爆発しそうな思いをかかえているママは、気づいたら腸内環境が悪化しているかも?

 

 

【ストレスが善玉菌を減らす】

ストレスがかかると胃痛になることは有名な話ですが、実は胃だけでなく腸内環境もかなり悪化します。特に忙しい子育て中のママは、自分のことは後回し。

 

子供がうんちをしていないとすぐに気づくのに、自分は気づいたら何日も出ていない…なんていうこともあるのではないでしょうか。

 

実はストレスは、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を減少させてしまうのです。そうなると腸内環境が悪化し、悪玉菌が優勢な状態になってしまいます。

 

 

【腸内環境が悪化してしまうと…】

腸内環境が悪いというのは、腸内が腐敗ガスや腐敗毒素でいっぱいになった状態のことを言います。 便秘や便秘になるだけではありません。

 

ニキビのような発疹ができたり頭痛や免疫力の低下にもつながります。更に、大腸がんへのリスクも高まることが分かっています。

 

そして、日本人の多くが悩まされている花粉症も、腸内環境の良し悪しが関係しているようです。

 

 

【どうやって子育てのストレスを発散させる?】

しかしストレスが悪いと分かっていてもなかなか子育て中のストレスは発散させることができません。むしろ増えていく一方だという方も多いはず。

 

みんなどのようなことでストレスを発散させているの? 

とにかくひとりになる 子供はかわいいけれど、24時間ずっと一緒にいるのはきついものがありますよね。

 

たまにはパパや祖父母にお願いをして、少しだけでも1人の時間を作ってみましょう。カフェでボーっとしたり美容院に行ってリフレッシュするだけで全然違いますよ。 市や区の一時預かりを利用してみるのも手ですよね。

 

そうまでして一人になるということに罪悪感を感じるかも知れませんが、ママがリフレッシュできれば子供にも優しくなれますよ。

 

 習い事をしてみる

親子ヨガやベビースイミングベビーマッサージなど、赤ちゃんと一緒にできる習い事に参加してみましょう。そこには同じ悩みを抱えたママがたくさんいます!悩みを共感してもらえるだけでも心がかなりラクになります。

 

 

 

産道と帝王切開では生まれてくる赤ちゃんに免疫力の違いが出る!?

f:id:g95hn9t2:20170527233659j:plain

 

免疫とは自分と違う異物を攻撃し排除しようとする人間の体の防御システムのことなのですが、この免疫の要は腸にあると言われており、そこに存在する腸内細菌のバランスで体の健康は保たれています。

 

 

そこで気になるのが赤ちゃんはいつ免疫機能の要となる腸内細菌を体に取り込んでいるのでしょうか。

 

 

赤ちゃんが母親の胎内にいる時は無菌状態で免疫がないと言われます。そして体内から出た時からあらゆる雑菌や微生物に接触し、免疫をつけていくのですが、産まれてきた瞬間から全くの無菌でもないみたいなのです。

 

 

実は赤ちゃんが生まれる時に通り抜けてくる産道は、腸内ととても似た細菌環境にあり、産道を通る赤ちゃんの口から細菌が侵入・感染し、そのまま腸内に常在菌として定着すると考えられています。

 

 

なので単純に体内に赤ちゃんを宿し体から出しているだけではなく、産道を通ってこれから生きていくための免疫をつけるために産道を通って出産するのには意味があることなのです。

 

 

そうなると年々増加傾向にある帝王切開はどうなのだろうか。

 

 

帝王切開とは妊娠子宮を切開して人工的に赤ちゃんを取り出す手術なのですが、出産時の困難、体調、リスクなどを考えた時に行われることで無事に産むためには仕方のない事なので、そういった面ではメリットはありますが、しかし先程言った産道を通り腸内細菌が体内に取り込まれると言ったことは産道を通らない帝王切開では腸内細菌が体内に取り込むことができませんのでそういった面ではデメリットにもなります。

 

 

他にもどのようなデメリットがあるかと言いますと、、腸内細菌は赤ちゃんの頃に形成されてから一生変わらないと言われます。なので大きくなってからアレルギーやアトピーなどの症状を持ってしまう人は赤ちゃんの頃に腸内細菌をしっかりと受け継がらなかった可能性もあります。

 

 

このことから帝王切開をすることで腸内細菌をもらわずして生まれてくると今後の人生で体調面で辛い思いをすることになります。